無性に模様替えをしたくなりませんか

f:id:cocoironet:20210515124537p:plain

作業部屋が狭い。

パソコンを置いている机の足元には書類や本が詰まった本棚が置かれていて机の下に足が入らない。

 

ストレスだなぁと思いながらもやりすごしていたけれど、整体師に「体がねじれまくっている」と言われた一言で、さすがにこれはダメだと思い至る。

 

パソコン時の姿勢だけがねじれの問題ではないかもしれないが、「足元に本棚があるがために足が伸ばせない・膝に物があたる」「仕方がないから体を机から遠ざけたり、斜めを向いて作業をする」という状態で1日数時間、テレワークが中心となってからは趣味や勉強の時間も併せて1日10時間以上はその状態なのだ。

私の場合はほぼこれがねじれの原因のシェア80%ぐらいではなかろうか。

 

昨日は、いつも通りテレワークをしていて、膝にあたる本棚にどうにもこうにも嫌気がさしてしまった。

もう1舜1秒たりとも我慢ならない。

 

「ダメだ!!」

 

昼休み時間に突入するや否や、足元の本棚の中身をすべて出し切り、本棚を足元から取り払った。

足元に空間が広がり、何と快適なことか!

その快適な足元空間を作り出したことにより部屋の中はカオスである。

その日のWEB会議は全てカメラオフでやりすごした。

背景設定をしたとしても、ちらりとでも部屋内が写りこもうものならたまらない。

 

仕事を終えると早速模様替え。

足元から追い出した本棚とその中身をどうにか納めなければならない。

机を動かしたり、他の本棚も動かしたり。

 

まだ色々改善したい点はあるけれど、とりあえず苦も無くPCかじりつき生活を送れるぐらいのスペースを確保。

 

なんだ、もう少し早くにやっていればよかった。

とは思うものの、こういうことはきっかけと気持ちに勢いがある時しかできない。

 

無性に模様替えをしたくなった時こそチャンスなのだ。

 

ちなみに、部屋の片づけのテンションが下がった時に効くのが、片付け動画たち。

こうはなりたくない!な動画とこうなりたい!動画でモチベーションUP

 

片付け動画は片付いた後まで見ると爽快

 

こちらの片づけ会社、ポジティブで楽しい。